スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく行くホールがイベント日。

夕方ご飯を買いにいくがてらホールを見に行ってみましたが
よく行くホールの1つがイベント日ということで客付きも良く
ほぼ満席のような状態だったので別の店でハイエナ出来そうなのを2台だけ打ってきた。

1台目
赤ドン 850ハマリ
赤ドンのハイエナはそれほど好きではないんですが前回が600程度ハマってて
親方BIGからの鳴りでドンゲーが異常にループした可能性は0なので
天井は浅めで期待値はありそうってことで座ってみる。

2kで派手な予告音からいきなり三連が停止してボーナス1確目が出る。
期待してなかっただけにちょっと嬉しい。チャレンジゾーンはナビ1回分ゲットしてたので
1回ほどドンゲーに入るもののその後最速でチャレンジゾーン終了。+6500円

2台目
青ドン REG後 400ハマリ
400なら問題なく打てるってことで打ってみるも7000円でBIGを引いて
ほとんど戻ってきただけ。+500円。

青ドンの宵越しREG後310の台が他にもあったのですが打たないと損というような
ゲーム数でもなく、誰もチェックしてなさそうなボッタクリ店でもあったので
もうちょっとおいしいゲーム数に育ちそうってことであえて放置して帰ってきました。

高設定っぽくて打てそうな台もほぼ無かったので安全に撤退で!
しょぼいとか言わないで(笑


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします
スポンサーサイト

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

パチスロ初心者講座番外編「一番大事なこと」

最近のパチスロは全て5号機と呼ばれ、パチスロの規定が厳しくなってから出された物なので
ギャンブル性が抑えられていて一発逆転を狙うのはほぼ不可能です。

なので無駄な投資をしないことが一番重要となります。
よくある無駄な投資の一例で言うと

天井の無いある機種で1000Gほどハマってしまい、低設定だと思いながらも

さすがにもうそろそろ来るだろう

とか

1回何か引くまではやめられない

とか思って投資し続ける人がよくいます。
ですがこれはオカルト思考です。どんなにハマっていても抽選確率が変わるわけでは
ないのでこういうのを続けていると低設定を回す機会が増え、負けに繋がります。

また、どういう台を打てばいいかわかっているような人でも
打ちたい欲に負けてしまって良い台が空くまで待ってられずに打ち始めちゃう人がいます。
もしくは友達と打ちに来て自分の台が出なかったりして友達が終わるのを待っている間に
いろいろ乱れ打ってしまったりとか、、、どちらも激しく期待値を下げます。
なぜなら打ち始めた台が低設定の可能性が高いという理由がひとつで、もう一つは
打っている間は良い台が空いたとしてもまず移動できないからです。

そして恥ずかしいという気持ちも持ってはいけません。
よく天井狙いで何かの機種を打ってREGを引いてしまって
100枚程度換金しても仕方がないし、恥ずかしいからと打ち込んじゃったりする人がいます。
天井近くまでハマるということはそれだけ低設定の可能性が高い台になるわけで
天井狙い以外の目的では1Gだって回してはいけません。
ボーナス後にチャンスゾーンの無い機種はそこで終了、ある機種はそれが終わったら終了。
私は10枚だろうが20枚だろうが会員カードに貯玉します。
実際朝一の赤ドンでそのようなことをしてた時期はありますから。

ここに書いたことはごく当たり前のことですが徹底している人は意外に少ないものです。
何度も言いますが今は技術が必要な時代では無いのです。もちろん技術をアップする向上心は
必要ですが、それよりも自分自身の欲望に打ち勝つ心が大事だと思ってます。

パチスロ講座番外編2「確率の収束と完全確率について」に続く。


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

北斗のネクストゾーン将が

北斗の将が青ドンと同じく設定変更だろうがなんだろうが天井までのゲーム数は
リセットされない仕様らしいですね。今日雑誌で知りました。
とりあえず一安心です。

今日は朝一で狙い目の台が3台ほどあったので打ちに行ってみた。
最初に打つ台の候補としては

青ドンのREG後かBIG後かわからないけど宵宵越し769ハマリの台が一台。

REG後かBIG後かわからないのはデータ表示がBIG回数とREG回数しか表示されないような
データ機器の店だから。その分閉店時を見にくるようなライバルはほぼいないんだけど
前々日がBIG2、REG3なのでREG後である可能性はじゅうぶんにある。(前日はBIG0 REG0)
これが771ハマリを越えてるようだとREG後だった場合天井30G前から始まる導火線演出が
始まってるはずなのでお客さんがやめてるはずもなく、REG後である可能性は
低くなってしまうわけだからちょうど良いところでやめてくれた感じ。
REG後だったら+6000円が見込め、BIG後だったら+1000円ちょっとになる。

もう1台は青ドンのREG後508ハマリの台

こちらは完全にREG後なので期待収支としては+2300円くらい。
上の台でBIG後だったら+1000円になってしまうので安定したいならアリかな?

候補の台が数台あった場合優先順位を決めてなるべく期待値が高くなるよう
動いてるのですが…今回の場合は宵宵越し769ハマリの台を確保したあと
REG後508の台はすぐ近くの別の店なのでそちらもライターで確保しに向かう
という作戦で行くことにする。1台目を消化したあと撤去されてたらその時はその時で。

そして朝一で769ハマリの台は無事確保したもののすぐ近くの店のREG後508は
すでにお客さんが座ってました。やっぱりな~・・・。

結局一台目の選択はどうだったのかというと当たりでした。
REG後なら2G目に天井30G前を意味する導火線演出が起こるはずと思って
打ち始めると2G目にものの見事に導火線が(笑
これで負ける可能性は0%なので安心して打てるってもんです。

天井で360Gほどハマってコインをかなり増やせたもののREGを引いてしまって
ガッカリ。それでも+5500円になったので少し少ないですが大体期待値どおりです。
3番目の候補の打っても打たなくてもいいくらいの期待値の台も終わったあと
見に行ってみましたがすでに打たれていました。

まあ仕方ないですね。
朝10時半には帰宅しました(笑


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

またまた夕方出動。

夕方5時ごろにスロ屋に行ってきました。

青ドンのREG後400回転の台がすぐ空いたので座って
こないだのコイン持ち悪かった時とは逆展開で3000円(ほとんど2000円)で
160G回りBIG。+5000円で終了。

赤ドンのノーボーナス900GとBIG3回後950Gの台が両方とも女の人が座ってたので
空かないかなと待ってみる…けど

赤ドン打つような女の人がやめるわけありませんでした


ハイエナ出来そうな台も無く高設定っぽい良い台も空かなかったので
仕方ないから帰ろうかなと思ってたらアイムジャグラーのBIG22回REG18回という台が
目の前で空いたので確保。見てみると総回転数は5400G。

若干REG確率が設定6には足りないのですが施行回数は十分なので
少しだけ追ってみる。最初のBIGが3000円で引けたものの
出るでもなく飲まれるでもなくを繰り返し、結局のところBIGばかり引けてて
REG確率が設定3と4の間くらいまで下がったところで念のため終了。
+6000円

もうちょっとすんなりジャグには出て欲しいとこですが本日は+11000円。
これから閉店チェックに向かいますがなかなか最近は打てる台が無く
北斗の将のほうが出るまでは我慢ですね。北斗の闘と2機種同時に出るけど
どっちが人気あるのかな・・・?

闘のほうがホールに入ってしまうと困っちゃうわけですが(笑


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

夕方からパチ屋へ。

日曜の夜だけバイトしてるんでバイト明けで寝たあとにパチスロ行ってきた。

まずはハイエナ出来る台を探すと
青ドン REG後380Gの台を発見する。

が…異様なまでにベルが引けなくて天井直前までで14000円もかかってしまう。
そしてこともあろうか天井手前でBIGを引いてしまう(笑
理論値だと1万円くらいで400回るはずなんだけどねぇ…ってことで、、ー6000円。

次に見つけたのはマッハGOGOGOのREG後159Gの台。
169G周期のチャンスゾーンが遠い可能性もあるので無視しても良かったんですが
REG後だったので高確ゲーム数が長い分少しだけ期待値が高いはずなので
REG後の時だけ狙おうと決めてます。

でも少しGOGOチャンスは遠かったようで一応GOGOタイムに入ったものの
3000円かかってしまう。ループは1回で終了だったのでー1000円

んでまたまた打てそうな台空かないか探していると赤7を引いててかなり良い確率で
引いてた哲也が空いてたのでデータを見てみると合算が1/130。

様子見ながら打ってみるといきなり投資が15000円に!
やっちゃったかと思ってたら最初のBIGが赤7でその後も赤7ばかりを引き続け
閉店40分前まで打ってBIG10回中赤7が7回という高設定としか思えない展開
で終了しました(笑

ハマリは結構来たもののなんかBIG中に毎回のように7揃ってたので
1925枚出まして+23500円でした。いや~雀聖ランプが光りっぱなしでした。
帰りがけに朝一でハイエナ出来そうな台無いか探してみたものの無かったので
明日も出動するなら夕方からかなぁ。。。


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

パチスロ初心者講座7「実践と心構え」

さて、ここまで読んでデータの見方や小役の狙い方がわかったら実践です。
あらかじめ打つ台のボーナス確率や小役確率のデータはホームページに出てるので
自分の打てそうなレベルの台のデータはメモるなり何なりでホールに持っていきましょう。

朝一で台を選ぶのはリスクが高いのと経験が物を言う部分が多いので
誰でも比較的結果の出せる夕方から高設定狙いで打つ場合の話しをしたいと思います。

まず空き台のデータを見てこれは高設定の可能性高いなという台を探します。
基本的にはBIG、REG確率である程度高設定かどうか判断できる機種じゃないと
打てません。
メモして行った紙を見ながら設定6を上回るくらいの確率でボーナスを20回以上
引けてれば申し分ないでしょう。20回という数字に意味はないのですが
あんまり試行回数が少ないと運で出てただけの可能性が高いからです。

そして台を選んだら小役確率に設定差のある機種なら小役の回数を数えながら
打つわけですが、注意しなければいけないのは低設定かもしれない要素が出てくるまでは
やめてはいけないということ。
よくコインが無くなってから
「あの時やめてれば勝ってたからやめれば良かったなぁ」
と言う人がいますが、これはいけません。

高設定だと思って打ち始めて途中でやめるということは最初に台を選んだことを
否定する行為だからです。コインが無くなると思ってやめるということは
機械割が100%に達していないのに運で出したと心の中で思ってる証拠です。

なので心が揺れることの無いくらい自信を持ってしっかり吟味して台を選びましょう。
基本的には閉店近くまで打つつもりで打って欲しいのですが、
それでもどうしても低設定の挙動を見せたらその時はやめても構いません。
通常時の小役確率がどう見ても高設定じゃないとか、BIGばかりでREGがこんなに
出ないのは高設定ではありえないとか、不安材料が出てきたなら安全に撤退するのは
大いにありですけどね。
どこまで可能性を追うかは個人差があると思いますが、冷静に判断しましょう。
負けてもその日に取り替えそうとせずに打てそうな台が無いときは帰るのも大事です。

考えることと観察力、これも結構大事な要素です。
自分が気をつけてることは、仮にジャグラーを打つとして打てそうな台を見つけたらまず
周りのジャグラーを見ます。そしてその台が一番高設定っぽいかどうかを判断。
隣りの台が高設定間違いなかったりしたら少し高設定かどうか怪しくなりますからね。
まあジャグラーくらいの機械割だと2台並んでてもおかしくは無いんですが。

あとはルパンのように小役確率に設定差のかなりある機種なら空き台になる前に
座ってた人がレベルの高い人かどうか判断するためにタバコの吸い殻も見ますね。
マルボロやクールのような若者が主に吸うタバコだったら小役を数えながら打ってた
可能性もあるので場合によっては打ちません。
打つか打たないか選択を迫られたときの最後の理って感じで使ってます(笑

ここまで書いてきましたが、いろいろ注意しなければいけなかったり
やるべきことが多くて面倒だと思う人がいるかもしれません。
ここまで言っても負けている人は「やっても勝てない」って言われる方が多いです。
しかしやっても勝てないと言われている方の大半はやってすらいません。
勝つために徹底して勝てないということはまず無いのでまずはプロ意識を持ち
いろいろとやってみてください。

ここに書いたことが全てではないので他人と差をつけるためにどこまで
努力出来るかを模索してみるのもいいかもしれません。

ブログのタイトルにもなっている

コインは拾ってでも勝つ


というのは半分冗談であって半分冗談では無いのです。
私自信それくらいの気持ちで打っているのですから。

パチスロ初心者講座番外編「一番大事なこと」に続く


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

まあ安定なハイエナで。

稼げるってほど稼げやしないんですが昨日は夜ご飯を買いにいくついでにホールを
見に行って比較的安全な青ドンのハイエナをしてまいりました。
それとスーパービンゴのハイエナも。

1台目
青ドン 宵々越しでBIG後710以上(前々日の閉店時のゲーム数不明なので)の台を打ち
残念ながら天井は少し遠かったみたいで7千円で天井前にBIGで+500円。

2台目
青ドン REG後354ハマリの台を打ち210G回したとこ(6千円)でREGでー3500円。

3台目
ちょっと怖いけど期待値はあるのでスーパービンゴの500ハマリを打ち
4千円でBIGが来たものの一番重要なビンゴゲームに入らずにー2000円。

まあ~どの台もプラス収支が見込める台ではあったんですが勝ち確実と言えるほど
ハマってたわけでは無いのでー5000円という結果も仕方ないですね。 
というわけで夜食買って帰りました。


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

パチスロ初心者講座6「実際の立ち回りとやるべきこと」

講座1~5で多少の知識と努力が必要というのは言ってきましたが
技術的なことは少し練習すれば誰でもほとんどの機種が完璧に打てるようになるんです。

だから最終的にモノをいうのは行動力と観察力、考えるということです。
自分の周りにもパチスロ打ちは多いのですが、負けてると言ってる知り合いに
「昨日は何打ったの?」「高設定っぽかったの?」
と聞いてみると根拠の無い答えが返ってくるものです。

この人はなぜ負けているのか、それを考えることも重要です。

そして反面教師としてマネしないようにしましょう(笑


さて、では勝つために何をするべきかというとまずは閉店チェックです。
閉店直前にその店に行き、どの台が出ているのか、土曜日や日曜日は出すのか、
新台入荷時はどういう設定を使う店なのかを見極めつつ朝一で打ちに行けるようなら
閉店時のハマリゲーム数も見ておけば朝一でハイエナする機会もあるでしょう。

ただこれは時間に余裕のある人しか出来ないので、もうちょっと手軽に出来る
努力の仕方っていうのももちろんあります。
具体的には通常時、もしくはボーナス中の小役チェックですね。
小役チェックというのは小役の当選した回数を数えることなんですが

まずはエヴァンゲリオンまごころを君に
という現在どこのホールでもまず置いてあるだろう機種で説明したいと思います。

        赤7    青7    黄7  B合成  REG  合成  機械割
設定1  1/1024  1/2621  1/753  1/372  1/809  1/255  96.4%
設定2  1/2340  1/1008  1/704  1/352  1/762  1/240  98.8%
設定3  1/936   1/2259  1/661  1/330  1/712  1/225  101.2%
設定4  1/2048  1/923   1/636  1/318  1/661  1/214  104.3%
設定5  1/897   1/1985  1/618  1/309  1/624  1/206  106.9%
設定6  1/1129  1/1149  1/569  1/284  1/585  1/191  111.4%

これはボーナス確率表ですが、青7BIGと赤7BIGの抽選確率の違いから
奇数設定と偶数設定がわかりやすいというのがわかりますよね?
例えば3000プレイ回して青7が1回も当選してないようだと
奇数設定濃厚という判断が出来ると思います。

さらにこのデータに加えて

・ベル      
設定1  1/8.04
設定2  1/7.94
設定3  1/7.85
設定4  1/7.76
設定5  1/7.58
設定6  1/7.24

通常時のペル確率の解析がこう。
スイカやチェリーも確率が違うのでそちらももちろん数える必要があるのですが
今回はベル確率で説明をしますと
3000ゲーム回して青7が1回も来なかった場合奇数設定濃厚というのは
さっきも言ったとおりですが、そこで設定1なのか3なのか5なのかを絞りこむために
通常時の小役確率をチェックする必要があるのです。

ここで仮に3000ゲームでベルの回数が350回だったとします。
設定1なら理論上373回、設定5なら393回前後になるはずですから
多少のズレはあったとしても設定3以下が濃厚…というか設定1と判断して
やめるのが良いと思います。
逆に400回を越えるほどベルを引いていたなら設定5の可能性が十分あるので
もう少しだけ様子を見るという選択肢が出てくるわけです。

エヴァまごころという機種のベル確率は設定6だけ格段に高いので
2000ゲーム程度ベルの回数を数えれば設定6だけなら十分わかると言われています。
2000ゲームというと開店してから3時間、昼過ぎの1時にはわかってしまうので
こういう高設定のわかりやすい機種を夕方から打ったりするのはダメです。

空き台になってる=低設定だと判断できる要素があって誰かがやめた


という推測が出来るからです。
ボーナス確率以外で設定の推測が出来る機種は出てた台でも注意が必要なのですが
打つ場合には小役も数えて「やばいな」と判断したら早めに見切ることが大事です。
現在ホールにあるスロットのほとんどがボーナス中、もしくは通常時に小役確率の差が
あるのでパチスロ雑誌が出している小役をカウントする機械は必ず必要です。

私も持ってますが台確保用の携帯電話のストラップに取り付けて使ってますね。
設定推測の材料は多いに越したことはありません。
というか小役を数えてるうちに設定推測をする楽しさも分かってくるかと思います。
今回は3000プレイという設定推測に十分なプレイ数で説明しましたが
1000プレイだろうが2000プレイだろうが数えることは無駄じゃないので数えてください。
合計1000ちょっと回したところでコインが無くなった、さてどうしようって時の
切り札になるからです。

パチスロ初心者講座7「実践と心構え」に続く



ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

いや~やられました!

戦国無双の天井狙いは何回かしたことあったのですが
怖いなぁと思いつつも無難に乗り切れてたんですよ…今までは。

今日夜7時半ちょっと前くらいから確実に期待値があるということで
980ハマリの戦国無双を打ち始めて特殊リプレイが揃ってもうんともすんとも言わず
1万・・・2万と投資額がかさんでいき、最初のBIGを引いたのが

なんと2300ハマリ!


投資額が5万円ほどになってしまってもう奇跡が起きない限り本日の回収は
不可能の状況に!まあそれでもそこからREG経由で無限戦国ラッシュに入って
ラストにBIGを引いて終了という展開で意外と頑張ってくれたとは思うのですが
それでも全く足りなくて本日の負け額はー26500円でした。

そこに期待値があれば打ちはするのですがスーパービンゴと戦国無双の
ハイエナは嫌いです!
もちろん危ない橋が嫌いな人はリスクの高い戦国無双のような台は打たないという
選択肢を取ればこんな負けることは無く、避けるのも一つの手ですので
怖がらないように(笑
ハイエナと言っても投資が抑えられるわけではなくリターンが大きくなる可能性を秘めた
天井ハイエナですからこんなこともあります。

こんな日は家に帰ってエロゲー(心が折れないように頑張るための現実逃避)なのですよ!
最近やってるのが評判高かった巣作りドラゴンというゲームなのですがちょっと
作業にはなるものの結構面白いです。影牢っていう罠仕掛けたりするPS2のゲーム
あったと思うんですがそんな感じ。巣に入ってくる敵を効率良く撃退するために
巣の内部を作っていくのにハマリます。
まあとは言えオススメするほど絶賛ってわけじゃないんですけどね。

今までに一番やったゲームは戦国ランスっていうエロゲーです。
信長の野望とか好きな人はハマると思います。
信長の野望とかコンシューマーゲームでいくつもシリーズ出てるけど
どれやろうが一緒じゃん!とか思ってたので個人的には
1人1人ストーリーもきちんとある戦国ランスのほうがよく作ってあるなぁと思いました。
正直凄く長いゲームなのですが飽きませんね。



ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

パチスロ初心者講座5「天井狙いの実践から検証するうまみ」

今回は3日ほど前に自分が実際にハイエナした青ドンのデータを元に
ハイエナのうまみを知ってもらおうと思います。
理屈を知る、考えるということが大事なのでどういうことなのか
計算しながら読んでくれると嬉しいです。

青ドンの基本データとして
千円で40プレイほど回せる。
天井にはREG後なら800プレイ、BIG後なら1200プレイで突入。
天井ゲーム数に到達すると1プレイあたり平均して0、3~0、4枚増える状態が
ボーナスを引くまで継続する。

さてここで3日ほど前のことですが
目の前でREG後595プレイ回された状態でおじさんが青ドンをやめていきました。
自分が打ち始めてから735プレイ(合計1330プレイ)回してようやくBIGを引いたんですが
REG後は800プレイで天井に突入するので実際には天井に到達するまでに
205プレイ分(5千円)しか使ってない上に、そこから天井でボーナスを引くまでに
じわじわと増え続け、投資の5千円なんかはボーナスを引く前にすでに回収出来て
さらにBIGを引いたので実践では+8500円の勝ちとなりました。

これはかなりうまく天井のうまみを利用できたデータですが、
ボーナス終了直後とかの低設定台に適当に座って今回の場合と同じように
735プレイ回してBIGだった場合収支はどうなっていたでしょうか?

その場合天井の恩恵も受けられず735プレイを現金投資し続けてたわけですから
千円で40プレイほど回せる青ドンでは約18000円~19000円かかる計算です。
そこでBIGを引いて約7000円ほど戻ってきたとしてもまだー11000円~12000円。
+8500円とー11000円ではえらい違いです。

自力でボーナス当選できなくても天井ゲーム数が近ければリスクが減るのが
わかってもらえたでしょうか?今回の+8500円というのは少し出来すぎですが
台を厳選してハイエナすれば高い勝率を維持できるでしょう。

とはいえボーナス終了直後の台でも高設定の確信があるなら打っても問題ありません。
高設定狙いとハイエナ、どちらも稼ぐ手段には違いないのですから。

講座6「実際の立ち回りとやるべきこと」に続く。


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

パチスロ初心者講座4「天井とハイエナについて」

ついにハイエナ紹介の講座です。
台選びを徹底することで勝つ可能性100%の台を打つことも可能ですが
現実的に拾えるのは70~80%程度の台になるでしょう。
それでも何台も打って数をこなすことで少しずつお金は増えていくので
リスク無く打ちたいということはこの講座の内容を理解しましょう。

天井というのはボーナスになかなか当選しなくてお金をたくさん使っちゃった時の
救済措置機能のことです。
天井搭載機種で天井に設定されたゲーム数までボーナスを引けずにハマると
機種によって様々ですが恩恵が得られます。

ですが恩恵が得られるということを知らないおじいちゃんや初心者さんなどは
よく天井間近でコインが無くなったりしたときに帰ってしまうことがあるのです。
そうしたら台にあなたが座ればハイエナの成功です!
恩恵がもうすぐ得られる台に座ってうまみが無くなったらすぐ換金という方法は
他人の甘い汁を吸ってるようなものなのでハイエナと呼ばれます。

初心者の方にもわかりやすい青ドンの天井を例に説明したいと思います。
青ドンにはBIGボーナス(BIG)とボーナスゲーム(REG)があり、
天井には直前(1回前)のボーナスがREGなら800ハマリ(ボーナスに当選せず
800プレイ)回すと突入。直前(1回前)のボーナスがBIGなら1200ハマリで突入。

青ドンが天井までハマるとボーナスが当選するまでコインが少しずつ増えるモードになるので
そこで投資がストップします。青ドンではリプレイ確率が格段に上がることでコインが
減らなくなるので天井に入った状態をリプレイタイム(雑誌や表記ではRTと呼ばれることが多い)
と言います。機種によってリプレイタイム中に若干減ったり若干増えたり違いますが基本的には
現状維持(投資がストップして安心して打てる状態)と思って間違いないです。

青ドンは少しずつ(1プレイで0.3~0.4枚ほど)コインが増えていくのでRT搭載の機種の中でも
優秀な部類です。
雑誌を見たことがある人はRTという言葉の他にARTという言葉も知ってるかも知れませんが
これはアシストリプレイタイムのことでリプレイタイム+アシスト(揃える絵柄を教えてくれる)
という機能が付いたものです。ART搭載の機種の中にはリプパンハズシという技術が必要な
機種も多く、少し難しいので目押しが出来るようになってシステムが分かってきてから
そういう機種に手を出すようにしてください。

これが天井の恩恵なのですが、ここで仮にREG後520ハマったところで空いてる台が
あったとしましょう。REG後に520ハマっているということは天井800なので残り270プレイですよね。
ということは青ドンは千円で40プレイほど回せる機種なのでちょうど7千円ほどで
投資が止まってコインが増えるモードに突入できることがわかります。

つまり自分でボーナスに当選できなくても最大投資額が7千円前後と始めから
分かってるのでリスクが限りなく少ないわけです。
青ドンはBIGに当選すると350枚(7千円)は出る機種なので
打ち始める段階でREGを引いてしまって負ける可能性以外は
ほぼ無いということがわかります。

下の表は青ドンのハイエナ期待収支を表したものです。

期待収支
BIG後500~ 164円       REG後100~ 164円
BIG後600~ 427円       REG後200~ 427円
BIG後700~ 829円       REG後300~ 829円
BIG後800~ 1424円      REG後400~ 1424円
BIG後900~ 2262円      REG後500~ 2262円
BIG後1000~ 3517円      REG後600~ 3517円
BIG後1100~ 5337円      REG後700~ 5337円
BIG後1200~ 7211円      REG後800~ 7211円

先ほど例に出したREG後520ハマリですと大体2500円ほどプラスになる台というのが
わかりますよね?期待収支というのは4000円負けたりすることもあれば
7000円勝ったりすることもあるけど平均すると2500円勝てるという意味です。
そして天井に到達しようが自分で千円でボーナスを引こうがとにかく1回BIGもしくは
REGを揃えて消化したらすぐコインを流す(換金する)。
なぜ1回でコインを換金するかというとBIGやREGを引いてしまって
天井までのゲーム数が残り1200プレイや800プレイにリセットされるからですね。
そこで持ちコインで勝負するよりもそれをお金にしてまた天井までの残りゲーム数が
少ない台を打つときの資金にしたほうが遥かに勝率は高いのです。

これがハイエナの基本となる天井狙いです。
おいしいとこだけ打ってすぐ換金。
天井狙いで打つときはボーナス1回で換金することになるので等価交換の店でしか
ハイエナは出来ないと思ってください。換金ギャップが生じる6枚交換や7枚交換の店
ではほとんど旨味はありません。

ゲーム数と期待収支の表を持って行ってホールのハマリゲーム数だけ見てれば
設定気にしないでも勝てる台がわかるのである意味楽だし設定推測の出来ない
初心者さんにも向いてるといえます。

今回は青ドンで説明しましたが、いろいろな台の知識をしっかり持っていると
おいしい状態の台に巡り合うことも少なくないので一度やってみるといいかもしれません。

パチスロ初心者講座5「天井狙いの実践から検証するうまみ」に続く


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

パチスロ初心者講座3「通常時の打ち方について」

通常時というのはボーナスの当選を待ちながら回し続けてる時のことです。
チャンスタイムみたいのを搭載してる機種のチャンスタイム中は通常時とは言わないのですが
打ち方が難しいので初心者のうちは打つのを避けてください。
パチスロの仕組みは打てば少しずつ覚えると思うので、最初のうちはボーナスのみで
コインを増やすタイプを打ちましょう。

さて、そのシンプルなタイプでの通常時の打ち方の説明をしますと

通常時にボーナス(BIGやREG)の抽選を行っているのは前の講座でも言いましたが
それと同時に小役(揃うとコインの払い出しがある絵柄)の抽選もしているのです。
その絵柄は機種によって違いますがベルだったりスイカだったりが一般的です。

ボーナスの抽選に当選した場合、当選した時に揃えられなくても
次のプレイでもその次のプレイでも揃えられるのですが、小役の場合はその時に
揃えられないともう揃えられる権利を失います。
つまり・・・

払い出されるはずだった枚数が丸損となるわけです


なのできっちり狙いましょう。

こう聞いても絵柄がいっぱいあって同時に全部は狙えないよ~って
思う人もいるでしょう。
でも全部の絵柄なんか気にしなくていい理由があるんです。
どれを狙えばいいか…それを判断する方法を説明します。

まずリールの特徴を説明しますと当選している小役、もしくはボーナスは
リールのストップボタンを押した時に当選している役を4コマまでなら早く押したとしても
無理矢理滑って揃えてくれようとする特徴があるのです。
(さすがに逆回転はしないので少し早めに狙うのがコツです)

一番下にエヴァの配列表を置いてみたので見ながら読んでください。



中リールと右リールでベル(黄色いやつ)絵柄が必ず4コマ以内の間隔で配置
されているのがわかりますか?どこで押しても4コマまでなら揃えよう揃えようと
リールが滑ってくれるということは狙う必要がなく揃うということです。
同様にリプレイ(青い丸っぽいの)も狙う必要がなく揃うというのがわかると思いますが
スイカは中リールに3個、右リールに2個しか配置されてないので
どこで押してもいいというわけではありません。

これが狙う必要のある小役ということになります。
他の機種でも狙わないといけない小役はせいぜい1、2個なので
そんなに手間ではありませんし、最近の機種だと液晶がついてたりして
狙わないとダメな小役に当選した場合はそれとなく熱い演出になったりすることが
ほとんどなので打つとすぐわかります。

エヴァでスイカを狙うというのはわかったかと思いますが、パチスロを始めたばかりで
いきなりスイカが直接見えるという人は限りなく少ないです。
スイカが見えないという人はこのエヴァの場合ですと中リールも右リールも青7のすぐ
あとに配置されているので青7を枠内に押せばきちんとスイカが狙えるのがわかるでしょう。
見やすい絵柄を基準にして狙うのが基本です。

なのでこういうリール配列は打つ前にホームページなりなんなりで覚えていくと
いざ狙うときにとまどうことなく打てることでしょう。

そして小役が揃えられるようになるとコインの減りをゆるやかにしつつボーナスの
当選を待つことが出来るのでその分勝率が上がるという仕組みです。
通常時の小役狙いはそんな感じです。
雑誌によっては小役狙いのことをDDT打法と呼んでたりしますね。

文だけじゃわからないこともあるでしょうからとりあえず
パチスロのゲームを買うのがいいと思います。本当は実機のほうがいいのですが
まあゲームなら完璧に打てるようになって仕組みを理解できるようになれば
実際にお金をかけてホールであれこれ試すより安上がりですからね。

パチスロ初心者講座4「天井とハイエナについて」に続く。

一応現在でも根強く人気がありホールに行けばどこの店にも置いてある
ゲームを見繕ってみました。↓このあたりがオススメです。


エヴァまごころリール配列

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

パチスロ初心者講座2「パチスロの設定や機械割について」

パチスロの設定というのはほとんどの機種が6段階(設定1~6)設定です。
閉店したあとに設定師さんや店長さんなどがパチスロ一台一台の設定を変えたり
変えなかったりして次の日に備えるわけです。
細かい機種の情報はサイトなり雑誌なり見ればわかるので今回はデータの見方を
解説してみようと思います。

アイムジャグラーEXを例にデータを見てみましょう。

    BIG確率  REG確率   機械割
設定1 : 1/287    1/455     95.93 %
設定2 : 1/282    1/442     96.93 %
設定3 : 1/282    1/348     99.24 %
設定4 : 1/273    1/321     101.64 %
設定5 : 1/273    1/268     104.04 %
設定6 : 1/268    1/268     106.61 %

BIGというのは大当たりでREGは小当たりだと思ってくれればいいです。
設定1を例にとるとリールを回した時にBIGなら1/287、REGなら1/455で抽選を
行っており、それに当選するまではどんなにうまい人でも
ボーナス絵柄(大当たり、小当たり)は揃えられません。

当選したらすぐ揃えてボーナスを消化し、またBIGもしくはREGの当選を待つ…という
流れでコインを増やしていくことになります。
消化…と言ったのは大当たりの絵柄が揃ってもラスベガスのスロットのように一気に
ジャラッとコインが出てくるのでは無く、適当に押しても何か絵柄が揃って少しずつ
コインが出てくる状態になるからです。その少しずつ増えるコインが一定量に達すると
大当たり終了となるわけです。パチンコを知ってればちょっとわかると思うんですが
大当たりしたからと言って一瞬で増えたりはしないですよね?あんな感じになるわけです。
パチスロの場合は機種によって違いますが大当たりですと30プレイくらいから40プレイ
くらいかけて少しずつコインを増やし、300枚から350枚くらい出るのが普通ですかね。

現在ホールにある機種はボーナスに当選したら普段出ないような熱い演出が頻繁に
起こったりして最終的にはボーナスが当選したことを知らせる告知ランプが付くように
なってるのでボーナス当選を察知するのは早いに越したことはありませんが
まあ問題ないでしょう。
それよりも問題なのはボーナス確定の告知ランプが光ってからなかなか揃えられなくて
コインをロスしてしまうことです。大当たりや小当たりが揃えられないとコインが
増える状態にはいつまで経ってもならず、損してしまうので
狙えない人は台の上のほうの店員さん呼び出しボタンを押して店員さんに
ボーナスを揃えてもらいましょう。どこの店でも絶対にやってるサービスなので
恥ずかしがらなくて大丈夫です。3枚のロスを考えると恥ずかしがってる場合じゃありません。

データの見方に戻りますが、上の表を見てもらえば分かる通り注目したいのが
REG確率の差です。アイムジャグラーはREG確率にかなりの差があるので
早い段階で設定が高いのか低いのか見えてきます。

3000プレイ回されてる台が空いてたとして
設定1ならREG回数が理論上  6、6回ほど。
設定6ならREG回数が理論上 11、2回ほど。

空いてる台のREG回数を見れば設定がわかる気がしてきませんか?


台は常に設定を読むヒントを与えてくれているのです。

そして機械割というのは出玉率のことです。
アイムジャグラーEXの設定6は約106%になるわけですが、これはコインを
100枚投入した時に理論上何枚戻ってくるかを数値にしたものです。
つまり100を越えてさえいれば換金手数料の生じない等価交換だったら
客側の勝てる台ということになるわけです。
100枚投入ということは3枚賭け×34プレイで達成できるので34プレイごとに
設定6だと6枚(等価交換で120円)のプラスが見込め、普通の速度で打ってる人なら
一日でその200倍ほど(6800プレイくらい)は無理なく回せるので
120円×200=24000円

つまりアイムジャグラーの設定6は一日打つとプラス24000円程度は見込める計算に
なるわけです。安全を重視するなら等価交換の店に夕方以降に行き、
どう見ても高設定だと思えるデータの台があったら打つ。

そして無かったら帰る


これが比較的安全なパチスロの打ち方です。
機種によって高設定かどうか判断する方法が違うのでどうやって見抜けばいいか
データとにらめっこしてから打ちに行くといいでしょう。

打ち方の難しい機種がたくさんあるのでまずは知識が無くてもそれほど問題のない
アイムジャグラーや青ドンなどから始めてみるといいかもしれません。

ここまで読んで高設定が全く無くて店の全部の台を設定1にされたら勝てないじゃんと
思う人がいるかもしれませんが全台設定1にするとすぐお客さんが来なくなってしまいます。
お客さんが来なくなるとパチスロ店側の収入が逆に減ってしまうので高設定は確実に
存在するのです。それでもお客さんが異常に少ないような店はもともと客寄せは諦めて
来た客全てからお金を回収するというような店も無くはないので、そこそこお客さんの
多い店のほうが確実ではありますね。

パチスロ初心者講座3「通常時の打ち方について」に続く。


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

パチスロ初心者講座1「プレイの仕方と店選びの基準」

ブログを始めるにあたり、パチスロ関連の日記が多くなるだろうと思うので
パチスロに興味あるけど怖い、、、仕組みがわからないから打てない、、
って思ってる人のために少し基本的な初心者講座などしてみたいと思います。
知ってるよ~って人は復習がてら見てくれても読まなくてもOK(笑

パチスロというのは最低投資額が1000円、最低でも2万くらいは持っていないと
話しにならないギャンブルなので敷居が高いように思えますが
還元率で言うと、、宝くじが45%、競馬、競輪などが70~75%ほど、
そしてパチスロは80%~90%ほどという良心的なギャンブルなのです。
1万円使って8000~9000円は手元に戻ってくるというさじ加減でお客さんから
少しずつお金を得て営業してるパチスロ店。
その微妙なさじ加減ゆえに少し運がよければ勝ちに転ずることもあるんですが
運が占める割合が大きいからといって努力することを怠っては勝てません。
その時はたまたま勝てたとしても半年、1年とそういう考え方で適当に台を選んで
トータルで勝ててたら奇跡と言えるでしょう。

つまり少しの努力が勝ち組と負け組の分かれ目になるのです。
負けてる人というのはアバウトな台選びをしているものです。

「この台は昨日も一昨日も出てないから今日は出るかも」


というのはパチスロ打ってる人の間じゃよく耳にする言葉ですが
店のクセもわからずにそういう台を打ってるんじゃそりゃあ負けます。
なんせ昨日も一昨日も出てない台なんてそこらじゅうにありますからね。
この初心者講座を読んで理論的に考えられるようになれば
勝ち額の大小はあれど

勝って当たり前

と思えるようにもなるはずです。

それで初心者のために最初から説明しますと
パチスロは千円で50枚のコインを借りて3枚入れてリールを回します。これが1プレイ。
それでしばらくプレイしてやめるときはコインをお金に換金してもらうのですが
お店によってパチスロの換金率が違うのでまずは店員さんに…
「パチスロの換金率はいくらですか?」
と聞いてから打ち始めるのが絶対です。

等価交換だと50枚借りてお金に戻すときも50枚で千円と交換して貰えますが
6枚交換などだと60枚で千円と交換してもらうことになるので手数料が取られるような
ものですね。

そう聞くと等価交換のほうが良いように思えますが6枚交換だとお店側が
高設定(お客さんがコインが増やしやすい設定)を使いやすいという利点もあるので
一概にどちらがいいとは言えませんが、6枚交換や7枚交換のお店だと換金ギャップが
あるので基本的には朝打ちに行って高設定をつかんで閉店まで(10時間以上)
回すというスタイルでしかまともに勝てないので少し敷居が高いかもしれません。

すぐやめたくなるような人は等価交換でしか打ったらダメです



講座2「パチスロの設定や機械割について」に続く


ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

初めまして。

最初の日記ということで自己紹介させてもらうと
パチスロと初めて出会ったのは4号機の花火が出たときです。
13年くらい前になるのかな~。

最初はシステムもよくわからず打っていたものの、すぐ技術介入機で稼げるようになり
年間200~300万程度稼げる程度にはなりましたがAT機時代に時間効率の割には
稼げなくなったので少しだけパチスロを離れました。

…が、天井などのハイエナが出来る4号機が出てまたパチスロ打ちに戻ってきまして
現在5号機で四苦八苦中です(笑
去年は+200万以上を達成しましたが今年はこの調子だと危ないですね。

好きな機種はいっぱいありますが花火、ディスクアップ、フルーツトリオ、クランキーコンドル
アステカなどなどです。もし趣味が合いそうだな~と思う人がいたら
書き込みよろしくお願いします。

左のプロフィールのところからパチスロ初心者講座に飛べますので
パチスロに興味がある方は良かったら見て行ってください。
よくあるプロのアドバイスとはまた一味違ったハイエナとしての戦略も書いてるので
多少参考になる部分もあるかと思います。
基本的には安全思考、万枚狙える機種はリスクが高くなるなら
拒否するくらいのスタイルですので。

最新の日記は こちら




ブログランキングへの投票も出来たらお願いします

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

Author:ぽるかの
基本的にパチスロはハイエナメイン。
期待値があれば執拗に追いかけ、なるべく運に左右されることなく
安定して勝つことを重視するスタイル。
趣味はパチスロ、手品、ゲームなど。

パチスロ初心者のための
講座と実践日記がメインです。

なるべく分かりやすい文にしようと日々手直ししたりしてるので
よかったら見ていってください
パチスロ初心者講座1
もし分かいにくいとこがあったら
言ってくれれば説明しますよ~。

ハイエナ実践日記が見たい方は下のほうのカテゴリーの欄から
実践日記を選んで読んで行って頂けたら嬉しいです。
打ち始めゲーム数と結果を載せているので自分なら打つか打たないか、
打った場合にどうなるか等シミュレーションしてみるといいかも。
東京都北区赤羽で打ってます。
打ってるホールは全部等価交換です

相互リンクも受付中なので
遠慮なくコメントで書き込んでくださいね。
情報源も欲しいとこなのでメッセンジャー登録してくださる人も
大歓迎です。
poru8@hotmail.com

たまにエロゲー批評の記事も書くので興味ない方はスルーで(笑


稼げるよ!JP AdMedia はこちらから

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。